リル・クレエ

長崎で活動する、リルクレエ – L’élu créerの松下と申します。 L’élu créerはフランス語で、意味は「L’élu」= 選出、「créer」は英語でいうクリエイト(create)で創造です。よく、リル・クリエさんと呼ばれますけど。慣れました・笑
これに決めるのに、数日掛けてしまいした。この屋号に気負いしそうで・とか言うのは冗談で、1つの思想ですかね。 私には今2人娘がいて、その2人の頭文字を当て込んだのも意味があったんですが、1つ後悔があります…この言葉、ロレツが回らず よく噛みます。めんどくさい場合は「リル」とお呼びください。私もいつしか「リル」と言ってるかも?と思っています・笑

ロゴマーク

ロゴマークには意味があり、なぜ猫なのか? 私が小学生の頃に自宅で飼ってた猫を忘れないためです。 めちゃくちゃ可愛い猫で帰っては「ニャー」と近づいて来て、落ち着いたら勝手に窓を開けて「おさらば」と猫らしかったですね。それはそうと、ぐるりと円で囲んだようなものはDで左はA、これでAD=advertisementで広告を指しています。

自己紹介やら経緯

長崎市生まれでグラフィックデザインを行なってます。簡単に言うと紙媒体のデザインです。高校を卒業後、グラフィックデザイン事務所に就職。会社を畳むとの事で、広告代理店に就職。その後、様々なバイトなどを行い、流れで正社員になったのが、某害虫駆除業。それからデザイン業の経験を見込まれ、企画部が発足。家族に恵まれ、さらに奮起!責任者として企画の立上げからチラシ制作やDM発送、顧客向け小冊子の編集長やシステム販売として県外 同業者に資材販売などを行い、売り上げに貢献。まだまだ頑張らなければという時、次女に大きな病気が起こり退職を余儀なく、色々あり現在フリーとして自宅でデザイン業を行なっていますので、住所を明記してません。 できるだけ早く、どこか事務所として借りられたらなぁと思っていますが難しい…。そして、こんな写真しかなくてすみませんが 宜しくお願い致します。

私の仕事の始まりは、デザインを活かし、

視覚効果を演出・売り上げ向上の効果を作り出す仕事。

クライアントと利用者が求める情報を表現するコトも、

既存のモノを変化させるコトも、

白紙から考え創り出すコトも、
「広告・企画・デザイン」の仕事なのかと考えます。
これまでのモノづくりで培った経験を、
広告、企画、デザインに活かしながら
少しでも誰かのお役に立てる事、
それが、たぶん私のスタイルに近い気がします。
リル・クレエ 松下